【お知らせ】青島矢一教授が「論文賞」を受賞

青島矢一教授の共著論文が、研究・イノベーション学会 第35回年次学術大会にて「論文賞」を受賞しました。 研究・イノベーション学会では、論文賞審査委員会を設け、優れた論文に対して論文賞を表彰しています。 受賞者松島 一成(東京女子大学現代教養学部 准教授)青島 矢一(一橋大学イノベーション研究センター 教授)高田 直樹(…

【お知らせ】イ・サングン教授と青島矢一教授が「Emerald Literati Awards for Excellence 2020」を受賞

イ・サングン教授(西江大学ビジネススクール教授、2018年度IIR客員教授)と青島矢一教授の共著論文が、「Emerald Literati Awards for Excellence 2020」を受賞しました。 Emerald Publishingが主催するこの賞は、創設より25年以上にわたり、学術研究において極めて優…

【一橋ビジネスレビュー】 2020年度 Vol.68-No.3

2020年冬号<VOL.68 NO.3>特集:新しい会社の形とガバナンス ――環境・社会の持続可能性と新たな協働のあり方へ 12・3・6・9月(年4回)刊編集 一橋大学イノベーション研究センター 発行 東洋経済新報社 特集:経済格差の拡大、ポピュリズムの台頭など資本主義の矛盾があらわになる一方、ESG投資の…

【お知らせ】小泉秀人特任助教が第77回「日本財政学会奨励賞」を受賞

小泉秀人特任助教が、日本財政学会第77回大会において「学会奨励賞」を受賞しました。 日本財政学会奨励賞は若手会員の研究を奨励する目的として設置されました。本賞は大会発表論文のうち、奨励賞への応募があった論文に対して厳選なる審査が行われ、優秀な論文に授与されます。詳細は以下の通りです。 受賞者小泉 秀人 研究成果“Opt…

【一橋ビジネスレビュー】 2020年度 Vol.68-No.2

2020年秋号<VOL.68 NO.2>特集:デジタル・トランスフォーメーションと日本企業の命運――周回遅れの本質     12・3・6・9月(年4回)刊編集 一橋大学イノベーション研究センター発行 東洋経済新報社 特集:日本の社会経済がその生産性・効率性において大きく後れを取っている。2019年の労働生産…

【開催のご報告】第11回 IIRサマースクール

イノベーション研究センターは、2010年からIIRサマースクールを開催しています。第11回サマースクールは、2020年8月25~26日にZoom上で開催されました。 サマースクールの目的は、研究者のネットワーキングと最新の研究発表の場の提供、若手研究者へのサポートを通じて、イノベーション研究をさらに促進していくことにあ…