【お知らせ】青島矢一教授が第60回「エコノミスト賞」を受賞

青島矢一教授が、第60回「エコノミスト賞」を受賞しました。

受賞の著書は、藤原雅俊・青島矢一(著)『イノベーションの長期メカニズム 逆浸透膜の技術開発史』(東洋経済新報社/2019年8月刊行)です。

エコノミスト賞は、毎日新聞社エコノミスト編集部が主催し、日本経済、世界経済について毎年1~12月に発表された著書の中から最も実証的・論理的分析に優れた作品に授与されます。
第60回エコノミスト賞は、2019年1月~12月に刊行された著書の中から、特定産業におけるイノベーションを深く掘り下げて分析した『イノベーションの長期メカニズム 逆浸透膜の技術開発史』が選定されました。

週刊エコノミストのHPはこちらです。