【お知らせ】青島矢一教授の著書『イノベーションの長期メカニズム』が刊行されました

藤原雅俊・青島矢一(著)『イノベーションの長期メカニズム』(東洋経済新報社)が、2019年8月30日に刊行されました。

イノベーションの長期メカニズム
2019年8月30日発売
定価(本体5400円 税込)
ISBN 978-4492534113
東洋経済新報社
判型・ページ数:A5判・472ページ
概要
逆浸透膜の技術開発プロセスの歴史的分析を通じて、長期にわたってイノベーション活動が継続するメカニズムを明らかにする。
目次
【序章】 本書の目的と問い
【第1部】概要編
 第1章 水処理需要の高まりと逆浸透法
 第2章 逆浸透膜の技術概要
【第2部】米国史編
 第3章 公的機関における研究の始まり
 第4章 民間企業による事業化開発
【第3部】国内史編
 第5章 日本企業の台頭
 第6章 東レ:海水淡水化を目指した開発
 第7章 東洋紡:酢酸セルロース系中空糸膜での集中展開
 第8章 日東電工:収益圧力下での開発
【第4部】分析編
 第9章 政策的刺激とスピルオーバー:開発着手の日米比較
 第10章 初期市場の探索:性能の束の不均衡発展
 第11章 技術的ブレイクスルーによる開発焦点化
 第12章 企業特有の開発理由
 第13章 不確実性下における長期開発メカニズム
 終章  本書の貢献と今後の展望
 補論  特許データの整理について
東洋経済新報社 イノベーションの長期メカニズム