【お知らせ】青島矢一教授の著書『メイド・イン・ジャパンは終わるのか:「奇跡」と「終焉」の先にあるもの』が刊行されました

青島矢一・武石彰・マイケル・A・クスマノ(編著)『メイド・イン・ジャパンは終わるのか:「奇跡」と「終焉」の先にあるもの』(東洋経済新報社)が、2010年7月30日に刊行されました。

メイド・イン・ジャパンは終わるのか:「奇跡」と「終焉」の先にあるもの
2010年7月30日発売
定価(本体3456円 税込)
ISBN 978-4492761892
東洋経済新報社
判型・ページ数:A5判 376頁
目次
第Ⅰ部 日本の競争力を再考する
 第1章 「奇跡」と「終焉」の先に何があるのか
     ~欧米の論調にみる日本の競争力評価
第Ⅱ部 日本を牽引する産業に何が起きたのか
 第2章 日本の二大主力産業のこれまで
     ~エレクトロニクス、自動車の位置づけと成果
 第3章 性能幻想がもたらす技術進歩の光と影
     ~デジタルカメラ産業
 第4章 グローバル・プラットフォームへの転換と日本メーカーの蹉跌
     ~携帯電話産業
 第5章 増大する複雑性と苦闘するサイエンス型産業
     ~半導体産業
 第6章 進化する「摺り合わせ能力」と戦略提携が導いた復活
     ~自動車産業
 第7章 ハード主導の産業創出と新たな事業モデルの誕生
     ~家庭用ゲーム産業「終わりからの始まり」
第Ⅲ部 底流する構造変化にいかに対応するか
 第8章 技術進歩が生み出した新たな産業システムの脅威
     ~「製品プル型」か「デバイスプッシュ型」か
 第9章 日本企業に与えられた選択肢
東洋経済新報社のサイトはこちらです。