【出版のお知らせ】軽部大教授の著書『見えざる資産の戦略と論理』が刊行されました

伊丹敬之・軽部大(編著)『見えざる資産の戦略と論理』日本経済新聞出版社)が、2004年11月22日に刊行されました。

見えざる資産の戦略と論理
2004年11月22日発売
定価(本体2400円+税)
ISBN 978-4532132897
日本経済新聞出版社
判型・ページ数:四六判 336頁
目次
第1章 見えざる資産の基本枠組み
 1 戦略の成否を分ける、目に見えないもの
 2 情報の流れという視点で企業を見る
 3 見えざる資産の全体像と情報の本質
 4 副次的な情報の流れの重要性
第2章 情報の流れのダイナミズム
 1 戦略が生み出す情報の流れ
 2 情報の流れの同時多重発生メカニズム
 3 情報の流れの誘発・加速メカニズム
 4 情報の流れと感情の流れの相互作用
 5 戦略、情報の流れ、「場」
第3章 資源と競争――2つのダイナミクス
 1 資源・能力アプローチの本質と課題
 2 資源蓄積と戦略-2つのアプローチ
 3 日米HPC産業における性能進化と2つのダイナミクス
 4 2つのダイナミクスを踏まえた資源蓄積の戦略論理
第4章 誘発と駆動――資源蓄積・利用のメカニズム
 1 ペンローズの分析視角
 2 資源と競争優位のミッシング・リンク
 3 誘発と駆動の相互作用――資源蓄積・利用の論理
 4 資源蓄積・利用のダイナミクスと資源戦略
第5章 市場における見えざる資産の蓄積
 1 市場における技術情報と顧客情報の蓄積と利用――4つの事例
 2 「場」と情報の蓄積
 3 企業による情報蓄積の利用
第6章 国際分業と見えざる資産の論理
 1 現地における「見えざる資産」の取り込みと育成
 2 技術移転のマネジメント
 3 本国における「見えざる資産」の強化と伝承
 4 インターフェイスの機能と組織体制
第7章 ヒューマンウェア技術の国際移転――「触媒的仲介者」の役割
 1 国境を越える技術移転プロセスにおける「触媒的仲介者」の存在
 2 「受け入れ側の学習プロセス」としての技術移転
 3 学習促進の基本メカニズム
 4 学習促進の加速メカニズム
第8章 技術転換の成長論理
 1 生産技術の事業間転用による事業内技術転換
 2 生産技術転用による技術転換の意義
 3 事業間転用による技術転換
 4 技術の転用・突出・深耕の相互作用サイクル
第9章 企業成長の4つの経済――規模、深さ、範囲、組織
 1 なぜ企業は成長できるのか
 2 規模の経済と深さの経済
 3 範囲の経済と組織の経済
 4 4つの経済のダイナミックな相互作用
 5 日本の産業における4つの経済
参考文献
日本経済新聞出版社のサイトはこちらです。